防水性
Ralftech - Etanchéïté
ラルフテックの時計の特色の一つは実際の潜水深度を表示していることで多くのブランドが理論上の数値を表示しているのとは異なります。 ISO6425ダイバーウオッチの基準と単に期待値でなく独自のコントロールにより徹底したスペックを達成しています。

我々の潜函(潜水箱)での試験は問題理解に必要な要因を改善する可能性とともに潜水をシュミレーションすることができます。潜水時間、水温、塩分含有率、環境の直接の磁気、などで、民間用、軍事用の実際の潜水に最も近づけます。すべての検査員は公平に検査を致します。

ラルフテックを日常使用しているダイバー達や異なる特殊部隊の隊員たちからのフィードバックでこれらの試験は有効であると証明されています。

ちなみにヘリウムバルブといくつかの潜水時計に関する見解を申し上げることが必要かと思います。プロフェッショナルといわれる潜水士はフランスでは50人以下、世界でも250人以下で、彼らは大洋の海底を通るケーブルの修理や配線を行っておりヘリウムバルブのある時計が必要です。ラルフテックのユーザーである特殊戦闘部隊、国立海兵隊の潜水家たちはヘリウムバルブを望みません。スキューバダイバーにとってヘリウムバルブは全く役に立たず、我々は壊れやすさ不安定さをもたらすと考えています。このためにラルフテックはヘリウムバルブを搭載しません。

ラルフテックは,目の埃のごとく、無鉄砲な解決策、不必要なエスカレートは必要ありません。 繰り返しますと経験と有効性こそがラルフテックを他との違いです。